上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりここで自分の感情表現はしたくないのですが、あまりに中国人の民度の低さに唖然とさせられます。まぁ、書くネタとして、どうしても書かざるを得ないかな?と思い、今日は書きます。

そもそも、尖閣諸島は大宮だかに住んでいる方の所有物件ですよね?ということは、そこは日本ですよね?なのに何故中国がガタガタアホみたいに喚き散らしているのでしょうね?

中国各地で日本企業をターゲットにした暴動が起こっているようですが、そこで働いているのは中国人ですよね?もうバカとしかいえません。だってそうでしょ?日本が用意してあげた中国人のための雇用を、中国人が破壊行為しているわけですから。これはバカとしかいえません。
それに、散々ODAに頼り切ってここまで成長したくせに、本当に言うこと成すことはバカ丸出しです。中国自身で今までの成長などできるはずはありません。

それに、先日浅草に行ったとき、まぁ、中国人が多いこと!いったいどうなってんですかね?それもバカですよね。

でもね。もっとバカなやつがいます。
それは、中国へ技術指導へ行った日本企業のOBどもです。
ある番組で観たのが印象的でした。かつてはホンダの技術者だったOBが、中国へ技術指導に行ったドキュメンタリーの番組でしたが、こいつこそ「あぁ、バカだ!」と僕は思いました。
何故か?その方はこう言って中国人の若者をべた褒めしていました。
「いや~、彼らには学ぶ意欲多くて本当に感心させられます。日本人の若者たちにないものを持ってますよ!」なんて。
バカですよね?向うさんたちは必死ですよ。だって最も優秀な日本の自動車産業技術を盗めるのですから。
「じゃぁ、あなたは日本人の若者が学ぶ意欲持って育てられる環境を作れなかったのですか?」僕はこの方そう言いたいです。

中国に甘んじてきた日本人。結局そのツケが今回ってきたのです。
脱Chinaを掲げ、もう一度どの国と友好的に関係を持つか?今一度冷静に考えたらいいと思います。
中国からうなぎを仕入れなくても良くなれば、中国は大打撃を受けます。でも、日本はその代替国を探せば良いだけの話しです。
家電製品も、流通産業もそうです。なくて困るのは中国人です。ただそれだけです。
親日的な友好関係を持てる国は、沢山あります。ただ中国市場はデカイというだけの話。目先の金に目をくらませてどうするんでしょうかね。

僕は中国人は大嫌いです。
輸入商社にいたときも、日本語教師になったときも、とにかく中国人だけとは関わりたくないと思っていました。
でも、良い人もいます。そういう人は大切にすれば良いだけの話です。

僕は中国製品は今後買いません。
ベトナムやタイで作られたものは、最近結構目にします。なので、そういうものを好んで買うようにもしています。
もちろん、Made in Japanもね!

やはり、こういう状況ですので、日本人一人ひとりが、日本人として尖閣諸島を守る意味でも、中国製品不買をしていきましょう!
また、それが日本企業を支える”力”にもなるはずです。少しぐらい高くても、日本製品を買いましょう!一人ひとりが日本製品を買うことにより、日本人が得することに気付いてください。
あなたの会社も、あなたの旦那の会社も、日本企業ならそうでしょ?国内生産品が売れれば、会社儲かるでしょ?そうすれば、利益上がるでしょ?給料増えるでしょ?

Made in Japanをもっと盛り上げましょ!


スポンサーサイト
2012.09.16 たまにはね。
こんばんは。カウンセラー今井です。
たまには趣旨を変えて、気分転換。

ところで皆さん、食べることはお好きですか?
僕は食べることが好きで、昔はよく食べ歩きなんかもしていたことがあります。

美味しいものを食べられるって、本当に幸せなことだと思います。
そして贅沢なことかもしれません。
でも、食べることは、私たちが生きていくためには欠かせない欲求行動でもあります。
腹が減ってたら何もできませんよね。
だから、たまには美味しいものを欲求行動の一つじゃなくて、楽しみの一つとしてしてみてください。
独りでするのもいいですけど、家族や仲間、好きな人と一緒に是非、ゆっくりと楽しんでみてください。

今日は浅草の老舗焼き鳥屋に行ってきましたよ。

CIMG1489.jpgCIMG1485.jpgCIMG1483.jpgCIMG1486.jpg

左から・・・・
ネギマとボンジリ。ボンジリが最高!噛んだときに「ジュワッ」と広がる肉汁が絶品です。
つくね串、ゆず胡椒と山葵。山葵は食べるとき気を付けましょう。咽ますので・・・・。
カルパッチョサラダ。梅風味のソースがさっぱりしてます。
秋刀魚の刺身。すごく脂がのってて美味しかったです!

そして浅草の夜景・・・・

CIMG1495.jpgCIMG1502.jpgCIMG1499.jpg

左から・・・・
ライトアップされた浅草寺は初めて見ました。夜に映える朱がいいですね。
雷門もいつもと違う顔です。
スカイツリーは、やはり遠めで観た方がきれいですね。

こんにちは。カウンセラー今井です。
今日は、愚痴る人に関して書きたいと思います。
愚痴る人、迷惑ですよね。会社帰りに「一杯付き合ってよ」なんて付いて行ったら、会社や上司のことをノンベンダラリと愚痴る同僚や先輩、本当に嫌ですよね?
そんな時間を過ごすくらいなら、可愛い事務の女の子と一緒に飲んだほうがよっぽどいいです。

何故人は愚痴るのか?逆に愚痴らない人を見てみたいと思います。あなたの周りにも愚痴らない人いませんか?会社では愚痴らない(奥さんには愚痴ってるかもしれませんが)、飲んでるときも、仕事で同行してるときも愚痴らず、面白い話をしたり、趣味の話をしたり、そんな人いませんか?またそういう人って、仕事できませんか?

昔、僕の先輩に全く愚痴らない人がいまして、その人はやはり仕事ができる人でした。
飲んでるときは趣味のゴルフの話や、日本酒が好きでしたのでお酒のうんちくなんかよく話してくれて、凄く楽しい人でした。
酔っても会社や上司の愚痴は全く言わず、とにかく終始にこやかで楽しく場を作ってくれる先輩でした。

仕事というと、とにかく早い。残業はほとんどせず、よっぽど遠出したときくらいでした。問題解決能力も高く、また判断力も優れている人でした。
エリートは愚痴らない・・・・と言えるかどうかはわかりませんが、僕の周りの愚痴らない人は、そういう人でした。

では、愚痴る人ですが、仕事ができない人。そしてそれについて不満を持っている人。問題解決力がない人・・・・確かに当てはまっています。
仕事ができない人は、結局、問題解決能力を持っていません。仕事には問題が発生するのは当たり前です。しかし、それを問題としてきちんと受け止め、解決できる糸口を掴めるかで、その仕事がスムーズに動くか決まります。
問題解決能力がないと、必ず人のせいにします。先輩、後輩、上司、同僚、誰でもターゲットにします。だから質が悪いですよね。仕舞いには「会社のせい」にします。
そしてそれが愚痴になるわけです。

もし愚痴るとは、自分の不甲斐無さを誰かに摩り替えてしまうのであれば、それは大きなフラストレーションになるでしょう。
そして、自分を正当化するために相手を悪者にしてたら、それはその人に対して態度に出ているはずです。

僕は愚痴る人は、ある意味、自分を守る為なのかなと思います。会社で飲んで愚痴っている人の話を聞いていると、だいたい「おまえは俺の味方じゃないのか?」と言わんばかりに訴えてきます。だから愚痴っている人に反論しようものなら、ときに喧嘩になります。よっぽど味方がほしいんですね。
自分の正当性を無理くり認めさせ、まるで王様気取りですよね。でも、そこに愚痴ってた上司がやってきたら、途端に大人しくなりますよね。
愚痴ってるときは、お酒を飲んで気が大きくなりますね。

そう、要注意なのは、お酒を飲んで気が大きくなって愚痴る人です。
一歩間違えるとアルコール依存症になりかねません。僕の後輩がそうでしたから。

愚痴ることでどうしようもない苛立ちを吐き出そうとするのなら、どうするかを考えた方が自分のためです。
ましてや、お酒を飲んで酔っ払った勢いで愚痴るなんて、本当に性質が悪いです。それは相手に迷惑ですし、嫌われます。そうすれば友達も無くします。
やがてそれが癖になれば、アルコール依存症になります。

今、僕の友人にも、酒を飲んで酔っ払うと毎日電話やメールしてくる奴がいます。電話に出ようものなら、2時間も愚痴っています。何度か「いい加減にしとけよ」とは言ったものの、お酒のせいで覚えていないんですね。
大事な打ち合わせをしてようが、お構い無しに掛けてきますよ。

どうすればいいか?しばらく関わらないことかなと思います。僕自身が彼のせいで僕の時間を無くされるのは困ります。そして軽いアルコール依存になってますので、あとは医者に任せるしかないですね。
昔のおごりが捨てられず、転職した先々で適応できないんですね。だから喧嘩して辞めてしまったり、そういうのが多いんですね。

本人に自覚がないし、医者に行こうが気に入らないと医者を怒鳴りつけて帰って来るくらいですからね。
とは言っても、先ずはアルコール依存を無くすことが先決でしょう。

愚痴る人、あなたが今どうすればいいか?よく考えてください。私の友人のようになりたいですか?


こんばんは。カウンセラー今井です。

先日、ある企業の方たちと食事をしました。実は少し前まで、僕もその企業でアルバイトをしていまして、その会にお呼ばれました。
いろいろとお話が進んでいく中で、僕が「心理カウンセラー」だということを暴露しまして、皆さん驚かれていましたが、僕自身驚いたのは、その企業の方たちが精神科で診てもらったり、カウンセリングを受けているのが普通だということでした。

まぁ、確かに社内は陰湿で、僕自身も虐められていましたし、本当に空気の悪い居心地の良くない職場です。
でも、言われてみればそうかなぁ~。メンタルはやられるかもしれません。

で、カウンセリングを受けた方からお話を聞いたのですが、何とカウンセリング料金が「1時間4万円」ん!!!!
僕は思わず「えーーーーーーっ!」と言ってしまいましたよ。その他にも「1時間2万円」ほぉーーーーー!!!
きっと凄い有名なカウンセラーなんでしょうね。それだけ高いってことはね。

まぁ、結局そんなに高いので、その方たちは「1回きりで何の効果もなく終わった・・・・詐欺みたいなもんだよね」とちょっと嫌味を言われましたが。

「今井さんはどんだけ取るの?」と聞かれたので、「うちは90分で8,500円ですけど・・・・」というと、彼らは「えっ!そんなに安いの?」と、まぁ、うちの安さ(僕は普通だと思いますが)に驚いていました。
聞くところによると、20万くらい取るカウンセラーもいるとか・・・・。

正直言って、僕は数万円のカウンセリング料を取りたいと考えていません。何故なら、僕自身、昔事務所に所属していて、とんでもなく安く雇われていたことがありました。でも、仕事としてきちんとやり遂げることで、多くのクライエントさんに信頼され、皆さん元気に、そして前向きに新しい第一歩を踏み出して行きましたから。

クライエントさんに変化があるのは、やはりカウンセリングを継続して頂いたからだと思います。
一期一会のカウンセリングは、僕は何もならないと思います。それだったら占い師のところに行った方が、よっぽどマシです。

1時間2万とか、4万とか、そんなクライエントさんに多くの負担を掛け、継続が不可能なカウンセリングこそ、「どんな意味があるのか?」と僕は思います。逆にカウンセラーに自信がないのでは?と僕は疑います。

僕が90分8,500円にしたのは、多くの経験からです。
僕はクライエントさんと共に過ごす時間を本当に大切にしたいと考えています。だからこそ90分は必要ですし、継続的にその時間を保てるように、料金はそのように設定したのです。

また僕は目標設定をお願いしています。「何回でカウンセリングを終了するか?」これも今までの経験です。
だいたい5回の設定で行っていますが、多くのクライエントさんは1回1回変化を感じながら、最後の5回目は、初めてお会いしたときに比べて、逞しい?というか、巣立ちを迎えた若鳥のように、羽ばたいて行きます。
5回やっても42,500円ですから、1時間4万円に比べたら内容は充実しているはずです。4万円の傾聴カウンセリングなんて、僕だったら受けたくありません。

ところで、僕のカウンセリングは、よくある傾聴カウンセリングとは違います。
クライエントさんの状況に合わせて、認知行動療法を取り入れたり、アートセラピーを取り入れたり、実証型の心理実験を行ったりします。
その中でも特に納得頂けるのは、心理実験です。言語によるものや行動、イメージによるものなどを体験して頂くことで、多くの気付きが得られるようにしています。

「Open Air」は、楽しく、そしてリーズナブルに、メンタルヘルスに取り組んでいます。

※出張カウンセリングの場合は、プラス1,500円(東京23区と千葉・埼玉の一部地域に限る)を別途頂きます。また、担当するカウンセラーによって、料金は異なりますので予めご了承下さい。

2012.09.10 守るべきもの
最近10代の、しかも小学生や中学生の自殺が目立ちます。
それが卑劣な虐めが原因で、その内容も本当に子どもがするようなことなのか疑ってします。
たまにメディアで「虐める子もかわいそうなんです。虐められる子にも問題があるんです」なんてコメントする輩もいますが、僕はそうは思いません。虐める側が100%悪いと言い切ります。

虐めるということは、自分より弱い者や、自分の気に入らない者を攻撃するということです。それも独りじゃできなく仲間を集めてやるわけです。
仲間と攣るむ、ターゲットを決める、この時点で、虐める者は賢く頭脳プレイをしているわけです。つまり虐めは彼らにとってゲームです。
そのゲームは頭脳プレイですから、知恵を絞りながらどんどんエスカレートしていきます。例え相手を自殺に追い込んだとしても、ゲームなので罪悪感などありません。

このような虐める子が大人になったらどうでしょう?子どもの頃に学んだ「虐めること」が、大人に成る成長段階で変化すると思いますか?
もちろん、変化する人もいます。が、当然そうじゃない人もいるわけです。そうじゃない人は最悪です。社会の中で虐めをやるわけですから。

大人で虐めをやる人間はもう手のつけようがありません。パワハラ、セクハラ、脅迫、無視、風評、仲間はずれ・・・・まぁ、全部ひっくるめて「イビリ」みたいなもので、何でもござれでしょ?結局それって、虐めた経験があるからこそできる業なわけですよね?

これじゃぁ世の中、老若男女虐める者勝ちになってしまいます。

今こそきちんとした道徳教育や罰則を設けるべきではないか?と思うんです。
それは、例え僕が100%虐める奴が悪いといっても、虐める奴もかわいそうだと思うんです。だって、そういうふうに、親に育てられてしまったわけでしょ?
だからこそ、子どもの虐めは、親に多くの責任を取らせる罰則を作るべきだと思うんです。そして勿論その子どもにも厳しい罰則と正しい教育を受けさせるべきだと思うのです。

また、大人の虐めで相手を自殺に追い込んだら、それは「殺人罪」ですね。だって大人なんだから、どうなったら相手が思い込んで自殺してしまうかくらいわかるはずです。「知能的殺人罪」とかいう名目を加えればいいんじゃないでしょうか?

やっぱり、多くの場合「親の教育」に問題があるからこそなのではないでしょうか?
そういう親に限って子どもに何か問題があれば、直ぐに学校や教員のせいにし、また給食費を払わなかったり、モンスターペアレントだったりするんじゃないですか?

僕は子育てに文句を付けるつもりはありませんが、まず、親に連れられてモンテローザやワタミが経営する居酒屋で、夜9時10時とかに酒のつまみ食ってる子どもが信じられません。
っていうか、ワタミやモンテローザとかも「子ども同伴は禁止」すべきじゃないか?子どもの来るところじゃねーだろって話です。

子どもの成長に睡眠は重要なことくらいわからないのでしょうか?

そういった子どもの環境への配慮不足が、虐めをしたり、犯罪を犯したりと直接結びつくかはわかりませんが、影響を与えてしまわないでしょうか?

僕は自殺は本当に悲しい出来事だと思います。
人は産まれて来るとき、お母さんのお腹から出たいという気持ち、つまり「この世に出してほしい!」という希望があるからこそ、「オギャー」産声を上げるんだと思うんです。「誕生したい!」そういう意志が既に芽生えているんです。
しかし、そうやって生まれてきても、たったの10数年で自らの命を断たなければならないなんて、あまりに不幸すぎます。

子どもは未来への希望です。だから大人が守ってあげないと。大人の都合やエゴ、教育放棄、そんな勝手気ままな大人のせいで、その子の一生が決ってしまったら・・・・あってはならないと思います。


こんにちは。カウンセラー今井です。
今日はこれで2つ目の記事です。

ある記事を読んで「ん?」と思いました。
とあるブラック企業A社の人事の記事でした。
よく「ぬけしゃーしゃー」と思いましたが、「あはは、無能な人事」と思いました(笑)。

最近、本当に目まぐるしく続く企業倒産、「えっ!あの会社が!」なんて驚くこともありますよね。
日本の企業が駄目になっていく理由って、本当に景気だけの話なのかなぁ~?ってよく思うんです。

僕は駄目になる企業は「景気のせい」にしているだけなのでは?と考えます。
一番の原因は、働き手と企業との信頼関係なのでは?と思うのです。

「企業は社員を信頼していない」そう思いませんか?
社員を信頼していないからこそ、企業は人材をいいように利用するだけ利用し、ポイ捨てするのではないでしょうか?

企業が社員を信頼することによって、社員からその企業が信頼されるのでは?
会社と従業員のお互いの信頼関係から、企業というのは営まれていくのでは?

「うちで働かせてやるよ」そういうスタンスの企業が多いですよね?でも会社は働いてくれる人がいなければ、成り立ちません。

ところで、社員を信頼していない会社のくせに、「コミュニケーションスキルが・・・・」とか言ってる人事、まずは企業側がコミュニケーションスキルを磨いた方がいいと僕は思います。

それは、会社が人材を育成することではないでしょうか?
社会人は会社から多くを学ぶべきです。
何故なら、その会社の看板を背負うからです。背負わせる以上、きちんとした社員教育を行うべきです。
「今の若い奴らは何も知らない」という方、あなただって彼らと同じだった頃、何も知らなかったはずです。
そしてあなたは、会社から多くのことを学んだはずです。

さて、企業は今コンプライアンスということばに過敏です。でもよく考えてください。きちんとした社員教育ができていれば、それは別に何でもないことのはずです。
そこに過敏にならざるを得ないということは、社員教育がなっていないといえませんか?

企業理念を押し付けることよりも、人材育成に力を入れ、企業に社会に貢献する社員を生み出すことが、企業の責任ではないでしょうか?

今、多くの会社が危機感を持っているでしょう。しかし、そこで無能な経営コンサルタントを高い金でつけるか、それとも今いる社員たちの知恵を結集させて乗り越えるか?どちらを選びますか?

無能な経営者、無能な人事、無能な経営コンサルタントは、やがて経済を滅ぼします。
経済活動は、人がいるから動きます。人の動きが止まったら、経済活動は鈍化します。お金が動きませんから。
人を動かす経済活動を行うためには、企業が人材に投資をし、育成し、ものを生み出していくしか方法はないと思えます。だから、先ずは企業内で人の動きを作ることではないでしょうか?
「若者の働く意欲低下」を嘆くよりも、「若者の働く意欲を向上させる」よう、もっと企業は努力すべきなのでは?


2012.09.07 新型うつ
最近「新型うつ」ということばをよく耳にします。
これは病名としては何の定義もなく、どこかの精神科医が名付けたものだと聞いております。
この「新型うつ」と症状が酷似しているのが「非定型うつ」だと僕は思っていますが、要は言い方が違うだけのようですね。

メディアでは、この「新型うつ」について「怠け病」といってみたり、実際精神科医の中でもそう仰る方もいらっしゃっるようで、病気なのかどうか疑う余地があるような捉え方をされているようです。

しかしそういう批判的な捉え方ばかりではなく、ある脳神経外科医は、「新型うつは首からくる」と仰り、頚椎の異常により自律神経が影響を及ばされるため、身体的に何らかの症状が現れると提唱していらっしゃいますし、同様に随分前ですが、ある整体師の方も、頚椎を正常な状態に戻せば改善されると仰っていました。

可能性というものは、あるのであれば、いくいらでも追ってみていいと僕は思います。
ただ、僕は、これに多くが当てはまるような気がしないと思っています。

この「新型うつ」に関しては、クライエントさんに共通点があります。例えば、「親の言いなりになって生きてきた」や「家庭、学校では良い子ちゃんでいなければならなかった」、「大きな挫折を味わった」などあります。
また「嘘を付く傾向」があることも共通しています。

上記、何となく何かに気付きませんか?すべて連携されていませんでしょうか?

1.「親の言いなりになって生きてきた」
(親が全てのレールを敷いてくれた)
        
2.「家庭や学校では良い子ちゃん」
(良い子であることで自分が認められる)
        
3.「大きな挫折を味わった」
(レールは親が敷いてくれたので、自己解決ができない)
        
4.「嘘を付く」
(こうでなければならない「私」があるため、その意に反することは嘘で固めてしまう)

1と3は結ばれますね。そして2と4も結ばれます。そして全ての要因は1となります。

実際「新型うつ」のクライエントさんと話をすると、必ず出てくるのが親子関係です。
その親御さんも、「どうしてこの子は、こんなになってしまったたんだろう?」と悩まれている場合もあります。
そういう場合は、親子カウンセリングなんかも考えますが、是非やって頂きたいのは、「親子でぶっちゃけ話をして頂くこと」です。

あなたの人生「こんなはずじゃなかった」と思うのなら、それをあなたの両親にぶつけてください。
そしてあなた自身、あなたを思う両親の話も聴いてください。
そして、あなたと両親、過去を振り返らず「これからの未来について」お互いが良い関係になれるよう、とことん話し合ってください。

親子なんですから・・・・。


もしも、あなたの愛する人が凄くピンチなとき、あなたはどんな声を掛けてあげますか?
例えば、行詰って考え込んでしまい、二進も三進も行かなくなっているあなたの愛する人へ、あなたはどんなことばを掛けるでしょうか?
「そんなに考え込まなくてもいいじゃん」とか、「そんなに考え込まないでよ」とか、「考え込んでもしょうがないよ」とか・・・・そんなことばでしょうか?

考え込んでいる人に、「考え込んでも・・・・云々」といっても、余計に考え込んでしまうのではないでしょうか?
なので、僕ならこういいたいです。「あと1日だけとことん考えてみて。それでも答えが出せないのなら、きっぱりと諦めてみよう。でも、もし諦めきれないのならば、一緒に答えを見つけよう。」と。

考え込んでいる人には当たり前ですが、考え込むべく理由があります。その理由が何かはその人にしかわかりません。
そしてその理由は、もしかすると、他からすれば大したことではないかもしれません。
でも、それが重要なのです。何故ならその理由は、考え込んでしまっている人にしか、その重みはわからないからです。

そこに例え愛するあなただからといって、あなたの価値観で入り込んでしまうのはNGです。
あなたの愛する人ならば、その人を是非尊重してあげて下さい。そして、「協力する」「応援する」という姿勢を見せてあげて下さい。

あなたにとってはきっと「無理をしてほしくない」とか、「頑張りすぎないでほしい」とか、そういう優しさなのかもしれませんが、本人にとっては「苦痛になる」かもしれません。

とかいってる僕も、最近は優しいことば掛けてあげれてません。反省しないと・・・・。


2012.09.04 メッセージ
こんにちは。カウンセラー今井です。
「Open Air」を始めてまだ間もなく、やることが沢山ありすぎて目が回りそうです(@_@)
特に今はホームページ制作に没頭しており、これが結構大変なわけです。

Webデザインは、彼是10年前ほどに経験したことがありますが、もう完全に忘れてしまっているわけで、これが実に厄介なこと!とは言いつつも、今やどんな企業も団体もホームページは当たり前に持ちますから、何とか早いうちに仕上げようと頑張っています。

あっ、今僕「頑張っています」と申し上げましたが・・・・。

このブログを見に来てくださる方の中には、もしかして、苦労されている方、今が踏ん張り時の方、悩みから抜け出したい方、もうどうしていいのかわからない方・・・・など、そういう方々がいらっしゃるかも知れません。

なので、今日は僕からメッセージを送りたいと思います。

僕は「頑張ってください」とは申し上げません。
その代わり、僕は「応援しています!」そして「祈っています!」そう申し上げたいです。

応援するということは、もしもあなたがピンチに追い込まれたとき、「あなたは独りじゃない」ということを忘れないでほしいということ。
そして「祈ってます!」は、僕は、あなたがうまくいくことを願いたいく「祈っていたい」そんな思いからです。

「頑張れ!」の一言は檄を飛ばすに過ぎません。そしてその方に対しては、下手するとただのプレッシャーになりかねません。
もし、「頑張れ!」と言ってしまったら、その後間髪入れず「俺(私)、応援してるから!」と笑顔で手を振りながら見送ってください。

誰でも自分の味方はほしいじゃないですか。だからこそ、その方のサポーターになってあげることが、「力」に繋がるのだと僕は思っています。「独りじゃないんだよ」ってね。

だから・・・・

あなたの苦労が必ずいつか報われますよう、僕は祈ります!そして応援します!

あなたが悩み事を抱え、辛い日々を送っているのであれば、少しでも安らげる時間が持てますよう、僕は毎日お祈りします。

あなたが泣きたくて堪らないときは、沢山泣いてください。そして少しずつ元気を取り戻してきたら、僕を思い出してください。僕はあなたを応援していますから!

心を繋ぎましょう!


先日いわきの四ツ倉から小名浜へ日帰りで行って参りました。
どちらも僕にとって思い出の地であり、そこには一緒に仕事をさせて頂いた仲間たちがいます。
今回は、時間がなく残念ながら仲間たちと会うことはできませんでしたが、震災後初めて現地を訪れ、街が平穏を取り戻しきている姿を見ることができて、とても嬉しく思いました。

津波に飲まれた僕が手掛けたお店も奇麗になり、みごとに復活を遂げていましたし、傷跡を残しながらも続けられているお店もありました。
そして、何となく街の方々も疲れ切った様子ではなく、明るく元気に営まれている様子も伺えました。

僕自身、震災直後に現地行けなかったのですが・・・・それはやっぱり怖かったのと、あの震災が現実として受け止められなかったということ、今でもテレビの中の出来事であってほしいという思いがどこかにあります。
実際にいわきを訪れたときも、ここで悲惨な出来事があったという事実を、やはり受け止めようとすることができませんでした。

僕はあの震災が起こる一年前に東北を出ました。
凄く東北が好きで、またいつか東北で過ごせる日々がくればいいなとも思っていました。
だからあの震災は凄くショックでしたし、直後はほぼ毎日泣いていました。

でも時間が経つにつれて、東北の方々の頑張っている姿を見て、少しづつ僕の中で何かが変わろうとしています。
それが今回のいわきへの訪問だったのです。

次は僕の住んでいた仙台へ行き、石巻、気仙沼まで行こうと考えています。
僕にできることは何か?考えながら・・・・。

四ツ倉の海岸で
DSCF7912.jpgDSCF7914.jpgDSCF7921.jpg
左:ずっと海を見つめる家族の姿。 中:犠牲になった霊を鎮めるためでしょう。その向うではサーファーが波乗りを楽しむ姿も。 右:津波の爪痕はまだ残っています。

アクアマリン福島で
DSCF7999.jpg
瓦礫で作ったモニュメント。


うちのバンドのヴォーカルは、女子ですが非常に男っぽくて、本人も男の中にいる方が楽だといいます。
そんな彼女に「おまえが男だったらすんげーいい友達になれんのにな」と、僕はいつか言ったことがあります。
でも、その男っぽさは、実は凄く彼女を苦しめてきたのです。

細かいことは長くなるので割愛しますが、簡単に申し上げると、父親との関係がそうさせた原因です。
彼女の父親は、彼女自身をほしくなかったといいます。男の子がほしかったらしく、上のお姉さんとは完全に差別され、非常に厳しく当たられて育ったと言います。

離婚し、父親が姉妹を男手一つで育てました。お姉さんは「女の子」として可愛がられ、しかし彼女には非常に厳しく、彼女自身、父親が怖くてたまらなかったと言います。
恐らく、「男の子のように育ててしまった」と想像が付きます。

そんな彼女は、つい最近まで人前で泣いたことがなかったと言います。僕の前で泣いたのが恐らく人前で泣いた最初だと言います。
いつも強がって、いつも独りで思い詰め、そして独り部屋に閉じこもって泣き、苦しくなるとリストカットしたそうです。
リストカットし流れる血を見ると、すっきりしたと言います。

また、彼女はよく「お姉ちゃんが大好きだ」と言います。「私とお姉ちゃんは正反対だ」ともよく言います。
お姉さんに対する女性としての憧れと、父親にお姉さんのように女の子してる姿を見せられない自分の葛藤が、実はつい最近までも続いていたようです。僕の前で泣いた日までは・・・・。

「イマイちゃん、私幸せになっちゃいけないのかぁ?」
このことばが、僕にとって唐突過ぎて、最初は同棲している彼とうまくいっていないなかと思ったのですが、実は自分の生い立ちからだったのです。

父親との関係からお姉さんとの関係、不安定な自我と闘う孤独・・・・彼女にとってこれらが「幸せになれない」原因だと感じていたのでしょう。

「人前で泣けない・・・・」
僕は彼女にこう言いました。
「人前で泣いたっていいんだよ。人前で泣いて助けを求めたっていいんだよ。助けを求めれば、誰かは必ず助けてくれる。だから泣いて助けを求めたっていいんだよ。」と。

「私、女の友達できるかな?」
「大丈夫、だっておまえ女なんだから、女のおまえが女の中に入れない訳がないだろ?自分が苦しいとき、泣いて助けを求められる女友達作ったらいいよ」と、僕が言うと、彼女は何かから解放されたように泣き出しました。

後日メールが届きました。
「あのとき話を聴いてくれてから、凄く楽になった。ありがとう。」と。

男勝りが売りだったうちのヴォーカル。女性らしく登場したらどうしよう!?
でも、どっちでも、うちのヴォーカルには変わりないので・・・・。


去年の話ですが、神楽坂のお洒落なレンタルスペースお借りし、フラワーセラピーを行いました。
今年は、まだ開催できておりませんが、機会がございましたら、是非開きたいと考えております。

フラワーセラピーは、生き物に触れるということ。そしてそのエネルギーを頂きながら、花の美しさ、可愛さ、愛おしさから癒しをもらい、さらに作品を作る喜びと、完成したときの達成感を味わうこと。さらにさらに、参加者と作品を前にした団欒の中で気づきを発見すること・・・・などなど、良いこと満載!です。

癒しをもらい、尚且つ、あなたが普段気付いていないことが発見できる。そして生き物からエネルギーを頂く。
それが私がご提案するフラワーセラピーです。

※写真は参加者の作品です。
ca390923.jpgCA390926.jpg


「Open Air」では、パワーストーンセラピストMako先生の作品を販売します。
Mako先生の作品は、オーダーメイドです。一つ一つご注文頂いた方へ丁寧に、そして心を込めてお作りします。
また、ご注文頂いた方へメッセージも添えてお送りしています。
悩める方の強い味方になって頂けますよ。

今日はMako先生の新作”バックチャーム”をご紹介します。
スワロフやローズクォーツ、チェリークォーツに加え、薔薇のビーズがワンポイントとなって可愛く仕上がっていますね。
優しい穏やかなイメージで女子力UP!間違いなしです!ブレスレットとしても使ってみては如何でしょうか?

m2012_01.jpgm2012_02.jpg

お問合せはこちらから。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。