上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.07 新型うつ
最近「新型うつ」ということばをよく耳にします。
これは病名としては何の定義もなく、どこかの精神科医が名付けたものだと聞いております。
この「新型うつ」と症状が酷似しているのが「非定型うつ」だと僕は思っていますが、要は言い方が違うだけのようですね。

メディアでは、この「新型うつ」について「怠け病」といってみたり、実際精神科医の中でもそう仰る方もいらっしゃっるようで、病気なのかどうか疑う余地があるような捉え方をされているようです。

しかしそういう批判的な捉え方ばかりではなく、ある脳神経外科医は、「新型うつは首からくる」と仰り、頚椎の異常により自律神経が影響を及ばされるため、身体的に何らかの症状が現れると提唱していらっしゃいますし、同様に随分前ですが、ある整体師の方も、頚椎を正常な状態に戻せば改善されると仰っていました。

可能性というものは、あるのであれば、いくいらでも追ってみていいと僕は思います。
ただ、僕は、これに多くが当てはまるような気がしないと思っています。

この「新型うつ」に関しては、クライエントさんに共通点があります。例えば、「親の言いなりになって生きてきた」や「家庭、学校では良い子ちゃんでいなければならなかった」、「大きな挫折を味わった」などあります。
また「嘘を付く傾向」があることも共通しています。

上記、何となく何かに気付きませんか?すべて連携されていませんでしょうか?

1.「親の言いなりになって生きてきた」
(親が全てのレールを敷いてくれた)
        
2.「家庭や学校では良い子ちゃん」
(良い子であることで自分が認められる)
        
3.「大きな挫折を味わった」
(レールは親が敷いてくれたので、自己解決ができない)
        
4.「嘘を付く」
(こうでなければならない「私」があるため、その意に反することは嘘で固めてしまう)

1と3は結ばれますね。そして2と4も結ばれます。そして全ての要因は1となります。

実際「新型うつ」のクライエントさんと話をすると、必ず出てくるのが親子関係です。
その親御さんも、「どうしてこの子は、こんなになってしまったたんだろう?」と悩まれている場合もあります。
そういう場合は、親子カウンセリングなんかも考えますが、是非やって頂きたいのは、「親子でぶっちゃけ話をして頂くこと」です。

あなたの人生「こんなはずじゃなかった」と思うのなら、それをあなたの両親にぶつけてください。
そしてあなた自身、あなたを思う両親の話も聴いてください。
そして、あなたと両親、過去を振り返らず「これからの未来について」お互いが良い関係になれるよう、とことん話し合ってください。

親子なんですから・・・・。


Secret

TrackBackURL
→http://openair3.blog.fc2.com/tb.php/10-7002e041
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。