FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。カウンセラー今井です。
今日はこれで2つ目の記事です。

ある記事を読んで「ん?」と思いました。
とあるブラック企業A社の人事の記事でした。
よく「ぬけしゃーしゃー」と思いましたが、「あはは、無能な人事」と思いました(笑)。

最近、本当に目まぐるしく続く企業倒産、「えっ!あの会社が!」なんて驚くこともありますよね。
日本の企業が駄目になっていく理由って、本当に景気だけの話なのかなぁ~?ってよく思うんです。

僕は駄目になる企業は「景気のせい」にしているだけなのでは?と考えます。
一番の原因は、働き手と企業との信頼関係なのでは?と思うのです。

「企業は社員を信頼していない」そう思いませんか?
社員を信頼していないからこそ、企業は人材をいいように利用するだけ利用し、ポイ捨てするのではないでしょうか?

企業が社員を信頼することによって、社員からその企業が信頼されるのでは?
会社と従業員のお互いの信頼関係から、企業というのは営まれていくのでは?

「うちで働かせてやるよ」そういうスタンスの企業が多いですよね?でも会社は働いてくれる人がいなければ、成り立ちません。

ところで、社員を信頼していない会社のくせに、「コミュニケーションスキルが・・・・」とか言ってる人事、まずは企業側がコミュニケーションスキルを磨いた方がいいと僕は思います。

それは、会社が人材を育成することではないでしょうか?
社会人は会社から多くを学ぶべきです。
何故なら、その会社の看板を背負うからです。背負わせる以上、きちんとした社員教育を行うべきです。
「今の若い奴らは何も知らない」という方、あなただって彼らと同じだった頃、何も知らなかったはずです。
そしてあなたは、会社から多くのことを学んだはずです。

さて、企業は今コンプライアンスということばに過敏です。でもよく考えてください。きちんとした社員教育ができていれば、それは別に何でもないことのはずです。
そこに過敏にならざるを得ないということは、社員教育がなっていないといえませんか?

企業理念を押し付けることよりも、人材育成に力を入れ、企業に社会に貢献する社員を生み出すことが、企業の責任ではないでしょうか?

今、多くの会社が危機感を持っているでしょう。しかし、そこで無能な経営コンサルタントを高い金でつけるか、それとも今いる社員たちの知恵を結集させて乗り越えるか?どちらを選びますか?

無能な経営者、無能な人事、無能な経営コンサルタントは、やがて経済を滅ぼします。
経済活動は、人がいるから動きます。人の動きが止まったら、経済活動は鈍化します。お金が動きませんから。
人を動かす経済活動を行うためには、企業が人材に投資をし、育成し、ものを生み出していくしか方法はないと思えます。だから、先ずは企業内で人の動きを作ることではないでしょうか?
「若者の働く意欲低下」を嘆くよりも、「若者の働く意欲を向上させる」よう、もっと企業は努力すべきなのでは?


Secret

TrackBackURL
→http://openair3.blog.fc2.com/tb.php/11-0d8b1272
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。